姪を犯すのは用務員室で〜おじさん、いやや!もう壊れちゃう!〜を配信しているコミなびって危険なサイト!?

姪を犯すのは用務員室で〜おじさん、いやや!もう壊れちゃう!〜を配信しているコミなびって本当に安全?

危険なサイトと姪を犯すのは用務員室で〜おじさん、いやや!もう壊れちゃう!〜を配信しているコミなび

 

姪を犯すのは用務員室で〜おじさん、いやや!もう壊れちゃう!〜を配信しているコミなびって危険なサイトじゃない!?

ここでは「危険な」電子マンガウェブサイトに対して批判する。

 

「危険な」と言うと

 

・プライバシーが抜き取られるのでは?
・ワンクリック詐欺に遭うのでは?
・ウイルスに感染するのでは?

 

といったイメージする方もいると思いますが、スマホモードネットで姪を犯すのは用務員室で〜おじさん、いやや!もう壊れちゃう!〜を配信している有料のコミなびなどのウェブサイトは上記のような事はともかくありません。

 

不公平にマンガを配布して残る無料ウェブサイトならば、ワンクリック虚偽、架空申込み、ウイルスなどのツイートを聞いた事がありますが、姪を犯すのは用務員室で〜おじさん、いやや!もう壊れちゃう!〜を配信している有料ウェブサイトのコミなびはそういった事はないとしていただいて大丈夫です。

 

ではどういった事が危険かというと、再びこれは日課しかないのですが

 

解除賜物が異常なまでに分かり難い。

 

これが当ネットで定義しておる「危険ウェブサイト」です。

 

やはり

 

「初月間はお試し10円記入!(翌月から数千円コースに一気のち)」

 

ものの認知のあるウェブサイトは概ねそういった仲間です。

 

危険サイトとコミなびのまとめ

自身の場合はこういったウェブサイトのパターンを知っていますので、ご覧になった方も全然傾向は感じなかったかもしれませんが、そもそも「特定商取引法」のディスプレイに撤廃の扉がある時点でおかしいです。

 

また、今回は翌月まで仮に解除できなくても2,000円で済みますが、3,000円、5,000円って請求されるウェブサイトもありますし、きつい要所だと10,800円も要請されたという話も耳にした事があります。

 

特別、一度は「ご素行有難う」といった見た目の明記が出る申し込み、あの時点で解除されたと勘違いして、翌月の申し入れ書を見て感嘆…という仲間が多いようです。

 

仮に解除賜物が分からなくても「ウェブサイト呼称+撤廃」などで検索すれば親切に解説して掛かるウェブサイトがあるので、何とかなる場合も多いです。

 

ですが相当悪質な要所だと「一月解除賜物を変更している」という大分ウェブサイトもありますので、もし一層解除賜物が分からないと課金され続けたり、携帯店先に連絡して要請を止めて行う手順をしなければなりません。

 

こういった悪質なウェブサイトは稼げるのか知りませんが、残念ながら乱立しているのが現状です。
有名な要所を挙げると

 

コミック.com(株式会社MSC)
まんがの木(株式会社TSC)
どこでもコミック(株式会社I2N)
コミックパス(株式会社ATHENA)

 

などです。

 

上に挙げた店先は電子マンガ以外にも「着うた」「グラビアビジュアルファンブック」「フィルム」などの区分けで大量に似たような手口のウェブサイトを作成していますので、取り逃すほうが無難です。

 

姪を犯すのは用務員室で〜おじさん、いやや!もう壊れちゃう!〜を配信しているコミなび(旧めちゃくちゃアニメ)は長い職歴もあるし、そもそも公電子アニメから派生始める形の大人電子アニメだから、無難安全に利用できますよ。


inserted by FC2 system